• TOP
  • 企業情報

Corporate
Info

Corporate Philosophy
経営理念

経営理念

Good Times Company

コーポレートミッション

Let the Good Times Roll カワサキに関わる人すべての、よろこびと幸せのために

カワサキのパワースポーツ及びエンジン事業には、
その長い歴史の中で、培われてきた次の3つの価値観があります。

川崎正蔵 松方幸次郎

01

そのわざを通じて国家社会に奉仕

これは川崎造船所の創業者である川崎正蔵の言葉です。造船事業は、当時、国家の繁栄、防衛のために最も重要な産業の一つであり、最先端技術でもありました。
造船事業を通じて、国家の繁栄に貢献したいという、川崎正蔵の強い思いが、この言葉にあらわれています。

1896年に株式会社化された(株)川崎造船所の初代社長の松方幸次郎は、時代の先を透徹する先見性と迅速かつ果敢な経営判断によって、わずか20年余りで、鉄道車両、航空機、製鉄、海運にまで、その事業を広げました。
これらの事業は、国家・社会の根幹をなす事業ばかりでした。

当社の事業の根幹にあるのは、技術を通じた国家や社会に対する貢献なのです。

飛燕

02

モノではなく、幸せを売る事業

(株)川崎造船所から、1928年には川崎車輛(株)、1937年には川崎航空機工業(株)が、それぞれ分社しました。
川崎航空機工業(株)は、戦後そのエンジン技術を活用し、エンジン事業、二輪車事業を開始し、1964年には、1924年創業の大型二輪車に定評があった(株)目黒製作所を経営統合、大型車分野に進出しました。
1969年に3社が合併し川崎重工業(株)となりましたが、川崎航空機工業(株)が当社のオリジンであり、航空機事業からは、その卓越した性能と信頼性が引き継がれています。

濱脇さん、アラン
Z1

さて、小型車中心の日本国内での二輪事業は容易ではなく、事業存続の危機に何度も見舞われましたが、その危機を救ったのは濱脇洋二氏、アラン・マセック氏の二人三脚で開拓した米国事業です。
マッハシリーズやZ1など多くの革新的な二輪車、そしてPWC、オフロード四輪は米国市場から生まれたものです。

米国進出は1966年からですが、”Let the Good Times Roll”は、1973年、米国事業が大きく伸びつつある時期、広告宣伝のために作られたタグラインです。
それは、モノではなく二輪車の楽しさ、喜びを訴えるものでした。その思いは、お客様に幸せを売る事業にしたいということでした。
このコンセプトは、今では当たり前になりましたが、当時としては画期的なものでした。

03

People’s Company

濱脇洋二氏、アラン・マセック氏の八面六臂の大活躍で事業を拡大していった米国の販売会社は、「社員は家族の一員、ディーラーはビジネスパートナーである」という二人の考え方から社員・ディーラーに寄り添った経営を行いました。
そしてほどなく、Kawasaki USAは、自然と“People’s Company”と呼ばれるようになりました。
この言葉は、事業の目的は、利益だけではない、社員、ディーラーの幸せあってこその、事業だ、という考え方を実践した結果、生まれたものです。
この伝統は、現在にいたるまで、社員にやさしい会社、ディーラーを大切にする会社として、しっかりと引き継がれています。

これらの3つの価値観は、株主のみならず、国家や社会、お客様、そして、ディーラー、取引先、社員というすべてのステークホルダーを大切にするという、当社の考え方を表すものです。

経営理念である”Good Times Company”、ミッションである”Let the Good Times Roll”(カワサキに関わる人すべての、よろこびと幸せのために)は、この3つの価値観を、まさに体現した言葉です。

それは、我々の誇りであり、価値判断の基準であり、ステークホルダーへのコミットメントです。

Let the Good Times Roll !

Company profile
会社概要

会社名
カワサキモータース株式会社
代表取締役
社長執行役員
伊藤 浩
設立年月日
令和3年2月12日
連結従業員数
10,159名 (2023年3月31日現在)
資本金
10億円
本社所在地
〒673-8666 兵庫県明石市川崎町1番1号(川崎重工 明石工場内)
取引銀行
みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行