News

「Ninja ZX-25R SE」が
日本バイクオブザイヤー2023大賞を受賞

授賞式の写真01
授賞式の写真02

カワサキモータースのモーターサイクル「Ninja ZX-25R SE」が、本日開催された一般社団法人日本二輪車文化協会主催の日本バイクオブザイヤー2023*1表彰式において、軽二輪部門で最優秀金賞を受賞するとともに、全部門の受賞車から選ばれるバイクオブザイヤー2023大賞を獲得しました。「Ninja ZX-25R」シリーズが大賞を受賞したのは、2021年に続く2度目となります。

「Ninja ZX-25R」シリーズは、日本国内市場の250ccクラスにおいて唯一*2の並列4気筒エンジンを備え、爽快感、楽しさ、扱いやすさを併せ持つスーパースポーツモデルです。2020年の発売以来、40~50歳代のリターンライダーのみならず、20~30歳代の若者からも支持され続けています。

Ninja ZX-25R SE画像
Ninja ZX-25R SE KRT EDITION

当社は今後とも、"Let the Good Times Roll(カワサキに関わる人すべての、よろこびと幸せのために)"をカンパニーミッションに、幅広い層のライダーが「操る悦び」を実感できるモーターサイクルを提供していきます。

*1 : 日本バイクオブザイヤー2023は、バイク文化の確立と市場活性化を目的として、一般社団法人日本二輪車文化協会によって2018年に創設された「日本バイクオブザイヤー委員会」が、2023年に販売されたバイクを対象に、人気・機能・デザインなどに優れたモデルを選定・表彰するもので、今回が第6回目の開催となります。
「原付部門」「軽二輪部門」「小型二輪部門」「外国車部門」「電動部門」の部門ごとに、一般ユーザーのWEB投票と選考委員会の審査委員による投票の合計ポイントにて、各部門賞(金賞、最優秀金賞)および大賞が選定されます。

*2 :  2023年12月20日現在の日本国内市場の新車において(カワサキモータース調べ)