スーパーバイク
世界選手権

スーパーバイク世界選手権とは

スーパーバイク世界選手権は、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)公認の市販車最高峰のロードレースである。ヨーロッパを中心に世界を転戦し、2024年は12戦を開催予定。1戦3レース制で順位を競い、チャンピオンは年間トータル獲得ポイントにより決定される。参戦可能な車両は、4ストローク2気筒850cc~1200cc、3・4気筒750cc~1000ccのエンジンを搭載した市販車ベースのマシン、と定められている。マシンの改造範囲は制限されており、市販車が持つ本来の性能が証明される場として高い人気を誇っている。
今シーズンのカワサキ・レーシング・チームは、在籍5年目となるアレックス・ロウズに加え、昨年ファクトリーライダー以外でトップの成績を残したアクセル・バッサーニを新たに迎えた。ベテランと若手のコンビで、カワサキは4年ぶりのタイトル奪取に挑む。

※土曜午後に第1レース、日曜午後に第2レースが行われる。また、日曜午前には第2レースのスタート順を決めるスプリントレースを開催。上位9名の順位がレース2のスターティンググリッドに反映され、追加ポイントも付与される。

ライダー

カワサキ・レーシング・チーム

  • Alex Lowes
    #22
    アレックス・ロウズ
    Alex Lowes
    Superbike
    生年月日|1990年9月14日
    British
    主な戦績
    2023スーパーバイク世界選手権ランキング11位
    2022スーパーバイク世界選手権ランキング6位
    2021スーパーバイク世界選手権ランキング8位
    2020スーパーバイク世界選手権ランキング6位
    2019スーパーバイク世界選手権ランキング3位
    2018スーパーバイク世界選手権ランキング6位
    2017スーパーバイク世界選手権ランキング5位
    2016スーパーバイク世界選手権ランキング12位
    2015スーパーバイク世界選手権ランキング10位
    2014スーパーバイク世界選手権ランキング11位
    2013ブリティッシュスーパーバイク選手権チャンピオン
    2012ブリティッシュスーパーバイク選手権ランキング4位
  • Alex Lowes
    #47
    アクセル・バッサーニ
    Axel Bassani
    Superbike
    生年月日|1999年7月24日
    Italy
    主な戦績
    2023スーパーバイク世界選手権ランキング6位
    2022スーパーバイク世界選手権ランキング7位
    2021スーパーバイク世界選手権ランキング9位
    2020スーパースポーツ世界選手権ランキング17位
    2018欧州スーパーストック1000選手権ランキング19位
    2017スーパースポーツ世界選手権ランキング27位
    2016スーパースポーツ世界選手権ランキング12位
    2015欧州スーパーストック600選手権ランキング15位

マシン

Ninja ZX-10RR

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

年々厳しくなる改造範囲制限を受け、市販モデル本来の性能が重要となっているスーパーバイク世界選手権に、カワサキ・レーシング・チームはファクトリーマシンのNinja ZX-10RRで参戦する。
Ninja ZX-10RRは、カワサキのスーパースポーツモデルにおけるフラッグシップ、Ninja ZX-10Rシリーズの中でもサーキット走行に特化し、スーパーバイク世界選手権を勝つために開発されたモデル。
軽量ピストン、チタニウム製コネクティングロッド、サスペンションセッティングのファインチューン、マルケジーニ社製鍛造ホイールなどを採用し、スタンダードモデルからエンジンパフォーマンスと旋回性能をさらに向上させている。
また、2024年モデルからは新たにVAI(Variable Air Intake)システムを搭載。中速域のパワーアップとリニアなトルクカーブを実現している。
この市販モデルのNinja ZX-10RRをベースに、レギュレーションにあわせ各部に入念なファクトリーチューニングを施し、戦闘能力を向上させている。
※ VAI システムの使用はサーキット走行に限定されます。VAI システムを作動させるには、レースキット ECU とサブコントローラの装着が必要です。